サービスの内容

日本では高齢化社会でさらに少子化問題も加わり、介護の問題がとても深刻になりました。子供が自分の親の介護をすべて行うことが困難になり、介護事業を頼っていかなければ難しくなっています。ただし介護士の需要が高くても買い越しになる人が少なく常に求人を求めているところが多いです。人手不足になっている事業だからこそ、介護が必要な人たちがなるべく自立して自分で生活が出来る環境を整えていく必要があります。

その方法の一つとして活用されているのが介護療養施設です。介護関係の施設はたくさんありますが、受け入れる入居者に違いがあります。介護療養型施設では、医療に関するケアが充実していることが特徴です。医療法人が運営していることが多く、医療ケアが充実していることは大きなメリットです。なぜなら介護施設を利用しようと考える人の多くは、ケガや病気になってしまったことで、食事や排せつなどの日常生活が一人では難しいと判断するためです。
ケガや病気の治療を受けながらも、機能訓練も充実しているためリクレーションが多い施設よりも自立できるようにリハビリを受けることができます。そのため症状の改善や自立できると判断した場合は、退居しなくてはいけません。長期間入居する施設ではなく、あくまでも一時的な施設としての利用が多いです。

介護療養の意味

今高齢化社会が進み団塊世代が75歳を超える時代に突入し始めています。それと同時に少子化問題が発生し、子供の数が少なくなってしまっています。これによって今まで介護は自宅で子供が行うのが当たり前でしたが、今では子供への負担が多い時代になってきています。
また高齢者にとって何十年間もの間、住み慣れた街で余生を送りたいという人がほとんどです。そのためには各地域で介護施設を充実させる必要があります。日常生活が不便になりつつある人が、治療やリハビリを取り入れ、一人で自立した生活を取り戻すことが一番の理想です。

そのような目的の下で増えてきているのが、介護療養型施設です。日本には様々な介護施設が存在しますが、介護療養は介護と医療のサービスを同時に受けることができるのが特徴です。比較的に重度の障害を持っている患者さんが多く、充実した医療とリハビリを目的としています。体に何かしらの病気を抱えている人は、どうしても体調の変化が一番心配にあります。医学の知識を持っている人が施設に待機していることで、すぐに適切な処置をしてもらうことができるため安心して生活することができます。

似たような施設で介護老後保健施設などがありますが、料金が安く同じようなサービス受けることができますが、入所の期間が短く3か月ごとに対処すべきかどうかの判断が行われます。さらに入居までにも数か月待ちという状態が続いている施設が多いです。
そのため早く入所することが着眉宇の人は介護療養型の施設を選択しています。