サービスの内容

日本では高齢化社会でさらに少子化問題も加わり、介護の問題がとても深刻になりました。子供が自分の親の介護をすべて行うことが困難になり、介護事業を頼っていかなければ難しくなっています。ただし介護士の需要が高くても買い越しになる人が少なく常に求人を求めているところが多いです。人手不足になっている事業だからこそ、介護が必要な人たちがなるべく自立して自分で生活が出来る環境を整えていく必要があります。

その方法の一つとして活用されているのが介護療養施設です。介護関係の施設はたくさんありますが、受け入れる入居者に違いがあります。介護療養型施設では、医療に関するケアが充実していることが特徴です。医療法人が運営していることが多く、医療ケアが充実していることは大きなメリットです。なぜなら介護施設を利用しようと考える人の多くは、ケガや病気になってしまったことで、食事や排せつなどの日常生活が一人では難しいと判断するためです。
ケガや病気の治療を受けながらも、機能訓練も充実しているためリクレーションが多い施設よりも自立できるようにリハビリを受けることができます。そのため症状の改善や自立できると判断した場合は、退居しなくてはいけません。長期間入居する施設ではなく、あくまでも一時的な施設としての利用が多いです。